マンションの水漏れ

マンションなどの集合住宅では、自分の部屋だけでなく階下の部屋に水漏れの被害が生じることもあります。自分の部屋は目に見える被害がないのに階下の住人や管理会社から水漏れの連絡が入ることや、上の階から水漏れしてくることもあります。マンションなどで水漏れがあった場合、どのように対応すればいいのでしょう。

床を拭く自分の部屋の中で水漏れに気づいた場合、止水栓を閉めて、水を雑巾などで拭きましょう。そして迅速にマンションの管理会社や管理人に連絡します。管理会社や大家から、自分で水道の修理業者に連絡するのか、管理会社から修理業者に連絡するのかなど指示に従いましょう。階下に被害が及んでいないかの確認も依頼しましょう。

上の階から水漏れがあった場合、最初に管理会社や管理人に連絡します。水漏れの原因が上階の住人である場合は、損傷した家財道具などの弁償を請求できます。水漏れの原因が住人ではない場合もあります。給排水管などの劣化や腐食、災害による破損などです。賃貸の場合は個人に責任が無ければ貸し主が対応します。分譲マンションの場合は共用部分なら管理組合の責任として対応します。

賃貸も分譲もマンションなどでの水漏れは、水道の修理業者だけでなく管理会社にも連絡が必要です。トラブル防止のため、住人同士だけでなく管理会社などに間に入ってもらいながら対応しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket