水漏れの対応方法

水漏れは原因の特定が重要です。止水栓を止めたあと、すぐに修理業者を呼ぶことも大切ですが自分で対処できる水漏れもあります。自分で水漏れに対処する場合や、発生個所にどのような対処方法があるのでしょう。

水道の蛇口部分からの水漏れは自分で対処可能な場合があります。蛇口は約10年で内部の部品や蛇口本体が経年劣化します。そのため、蛇口を閉めても水が漏れます。蛇口本体や部品の交換をすることで対処できます。

蛇口蛇口は2種類あり、必要な部品や対処方法が違います。2つのハンドルがあるハンドル混合水栓は、構造がシンプルで部品の交換も簡単です。吐水口やハンドル下、パイプの付け根から起きている水漏れの場合は、自分で各箇所に適した市販のパッキンの交換を行って対応できます。1つのハンドルを上下左右に動かすシングルレバー混合水栓は、部品が複雑なので業者に連絡しましょう。自分で対処する場合、サイズや種類が違うとは部品がうまくはまらないので事前に確認して購入しましょう。

台所や洗面所下の止水栓や排水栓、水道管からの水漏れなどは専門的な技術と道具が必要です。迅速に修理業者に連絡しましょう。トイレは原因が黒いゴム玉の劣化の場合は、自分で市販のゴム玉に交換をすることで対応可能です。

水漏れは原因個所の特定と適した修理で被害拡大を防げます。原因が分からないときや自分では対処できないときは、迅速に修理業者に連絡しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket